地盤改良

地盤改良とは

地盤改良とは、地盤調査をした結果、その地盤の土質からくる液状化や不同沈下など軟弱地盤を強固にするための工事です。
地盤改良には、それぞれの特徴を生かした杭工法を採用しております。
株式会社eco・カンパニーでは
1.環境にやさしく土地の資産価値を守る、スクリュー・プレス工法(砕石)
2.環境にやさしく傾斜地や軟弱層地盤に適している、スクリュー・プレス工法(木杭)
3.ビル建設などに対応するスクリュー・プレス工法(鋼管)
4.どんな地盤・環境でもマルチに対応する、スーパージオ工法
など地盤に適した地盤改良をご提案いたします。

スクリュー・プレス工法

スクリュー・プレス工法(砕石・木杭・鋼管)は自然素材のみを使用するので人と環境を傷つけずに軟弱地盤の改良が行えます。
残土も排出せずに地盤を強力に押圧しますので地震・液状化に強く健康と財産を同時に守れるリスクのない工法です。

スクリュー・プレス工法(砕石)

液状化を抑制

強固に締め固められた地盤は、液状化しにくくなります。 また砕石補強体は、間隙水圧を消散させる効果があります。 この2つの効果で液状化を抑制します。 また、地震波も減衰させます。

詳しく見る

スクリュー・プレス工法(木杭)

不同沈下を抑制

軟らかい盛土部分でも、間伐材パイルが硬い地盤(支持層) まで達しているため、不同沈下を抑制します。

詳しく見る

スクリュー・プレス工法(鋼管)

小規模建築物(一般住宅)向け

超軟弱地盤、盛土造成地、硬い地盤(支持層)が深い場合でも、鋼管杭を硬い地盤まで到達させることにより、家を支えます。(14.8mまで)

詳しく見る

スーパージオ工法

スーパージオ工法は、建物の重量と同等の地盤を取り除き、かわりにスーパージオ材を敷き詰めて地盤を軽くし、建物の支持力を確保する置換工法です。また地震時に発生した過剰間隙水を一時的に保水でき、液状化対策としても効果を発揮します。

スーパージオ工法

どんな地盤・環境でも対応可能

詳しく見る

その他の工法

スクリュー・プレス工法が適用できない場合は、その地盤にあった最適な工法をおすすめいたします。
例えば、セメント+砕石など、その地盤にあった複合改良工事もご提案いたします。

スクリュープレス工法は株式会社グランテックが開発した工法で下記証明書を取得しています。

株式会社グランテック

・性能証明証書(GBRC)(PDF)
・建設技術審査証明書 (PDF)

地盤調査・地盤改良・沈下修正工事の
ご依頼・お見積り等
お気軽に
お問い合わせください

TEL: 0268-64-6070
FAX: 0268-64-3042

メールでのお問い合わせはこちらから

このページのトップへ