地盤調査(SWS・SDS)

地盤調査(SWS・SDS)
 
地盤調査の方式

地盤調査とは、構造物などを建てる際に必要な地盤の性質を把握するための調査です。

この調査によって地盤強度などが判明し、構造物の設計を行い施工できるようになります。
近年では地震防災との関連もあり、その重要性も増しています。

 

弊社では、スウエーデン式サウンディング試験(SWS試験)

スクリュードライバー・サウンディング試験(SDS試験)を採用しています。

 

スウエーデン式サウンディング試験とは

スウエーデン式サウンディング試験とは
 
スウエーデン式サウンディング試験(SWS試験)

この試験は、先端に円錐形のスクリューポイントを取り付けたロッド(鉄棒)を 地面に突き立て、25,50,75,100kgと段階的に荷重を掛けていき、貫入具合を測定します。

 

静止状態による沈み込み(自沈)がなければロッドを回転させ、25cm貫入するのに半回転(180度)で何回転したかを測定します。回転数が多ければ固い地盤、回転数が少なければ軟弱地盤といえます。非常に硬い地盤や、その他の原因で貫入不能とならないかぎり、深さ10メートルまで測ることができます。

 

1976年にJIS規格(日本工業規格 JIS A 1221)に制定され、現在では戸建住宅向けの地盤調査のほとんどが本試験によって実施されています。

 

S・S・Jサンプラー

S・S・Jサンプラー
 
S・S・Jサンプラー
スウェーデン式サウンディング試験機のロッドの先端に、S・S・Jサンプラーを装着することにより、
乱れの少ない土壌を採取することができます。
この土壌を検査することにより、ボーリングデータ並の高精度な土質判定が可能になります。
 

スクリュードライバー・サウンディング試験とは

スクリュードライバー・サウンディング試験とは
 
スクリュードライバー・サウンディング試験とは
スウェーデン式サウンディング試験を改良したもので、従来のロッドの載荷「荷重」のみならず、ロッドに回転力を与えてロッドの「回転トルク」と1回転あたりの「沈下量」の三要素を同時に測定できます。
これらのデータを解析することにより、沖積層、洪積層、腐植土層の土質を判定することが可能です。

スクリュードライバー・サウンディング試験は、日本住宅保証検査機構(JIO)と東京都市大学が共同開発した画期的な試験法です。
 

「SDS試験」の特徴

「SDS試験」の特徴
 

  • SWS試験並みの調査費で標準貫入試験(ボーリング調査)並みの精度で土質の判定ができる。
     
  • SWS試験ではわからない過圧密粘性土を判別できる。

  • 表層盛土を貫入し摩擦の影響をなくすことで、地盤を正確に測定できる。

  • 腐植土の判定ができ、地盤沈下のリスクを正確に把握できる。

  • 土質判定により「液状化判定」ができる。
 

「SDS試験」の試験手順

「SDS試験」の試験手順
 
SWS試験の自動式機械にSDS試験装置をセットします。
試験中は常にロッドが回転しており、回転しながら荷重が増加する単調載荷方式を採用しています。

まず、初期載荷荷重が載荷され、1回転分のトルク等の計測を行います。
そして、貫入量が25cmに到着するまで、1回転毎に荷重を増加させて、その都度データを測定します。
また、ロッドに作用する周面摩擦力を算定するために、
25cm貫入毎にロッドを回転させたまま1cm引き上げて、その際の最少トルク、最大トルク、平均トルクの計測を行います。
 

液状化判定に「SDS試験」

液状化判定に「SDS試験」
 
液状化判定に「SDS試験」
SWS試験やレイリー波探査(表面波調査)では、地盤の強度は測定できても軟弱系の「沖積層」、超軟弱地盤の「腐植土層」を判別することは困難でした。 その結果、住宅建設後に予期せぬ不同沈下や液状化の被害がしばしば起きていました。
SDS試験で正確な土質判定を行うことで、各土層ごとの液状化の可能性や地盤全体の液状化の程度を判断できるようになりました。
土質判定ができることは、土質の情報不足による判定ミスを回避して、将来の地盤に関するトラブルを未然に防ぐことにも繋がります。
<<株式会社 eco・カンパニー>> 〒389-0505 長野県東御市和2106-1
TEL:0268-64-6070 FAX:0268-64-3042