地盤調査

3種の地盤調査

地盤調査とは、構造物などを建てる際に必要な地盤の性質を把握するための調査です。 この調査によって地盤強度などが判明し、構造物の設計を行い施工できるようになります。 近年では地震防災との関連もあり、その重要性も増しています。
eco・カンパニーでは、
1. 戸建住宅の地盤調査向けのスウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)
2. 戸建住宅の地盤調査向けのスクリュードライバー・サウンディング試験(SDS試験)
3. ビルなどの地盤調査向けの標準貫入試験
を採用しております。

スウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)

SWS試験とは、戸建住宅など小規模建築物を建築する際の地盤調査に広く使われており、低コスト・短納期というメリットがあります。
ここに土壌採取器の「S・S・Jサンプラー」を装着することにより、より高精度な土質判定が可能になります。

詳しく見る

S・S・Jサンプラー

スウェーデン式サウンディング試験機のロッドの先端に、S・S・Jサンプラーを装着することにより、乱れの少ない土壌を採取することができます。
この土壌を検査することにより、ボーリングデータ並の高精度な土質判定が可能になります。
また、単独でサンプリングもできます。

詳しく見る

スクリュードライバー・サウンディング試験(SDS試験)

SDS試験とは、SWS試験を改良したもので、SWS試験ではわからない「土質」がわかる画期的な試験法です。

詳しく見る

標準貫入試験

ビルなどの重量の重い鉄筋コンクリートの建物を建てる際に採用される試験です。
標準貫入試験などを行うための孔を掘ることをボーリングといい、一般にボーリング調査とも呼ばれます。

詳しく見る

地盤調査・地盤改良・沈下修正工事の
ご依頼・お見積り等
お気軽に
お問い合わせください

TEL: 0268-64-6070
FAX: 0268-64-3042

メールでのお問い合わせはこちらから

このページのトップへ